fbpx
うたの魅力再発見!

『永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ』<ムード歌謡と青春の流行歌>コンサート・レポート 前半

9月27日、昭和の名曲の数々を歌い継ぐコンサート『永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ』の第3回公演が開催されました。

今回は「ムード歌謡と青春の 流行歌」をテーマに、三田明、日野美歌、タブレット純、椎名佐千子、純烈という昭和・平成・令和という時代を代表する豪華出演者をお迎えして盛大にお送りしました!



オープニングは、”昭和歌謡のレジェンド”三田明のヒット曲「美しい十代」で幕開け。





続いて、日野美歌「氷雨」、タブレット純「誰よりも君を愛す」、椎名佐千子「ソーラン鷗唄」純烈「プロポーズ」と、各人が代表曲を披露して、一気に会場を盛り上げます。











そして「ムード歌謡」を代表する”ご当地ソング”コナーが続きます!!

三田の「サロマ湖の空」を皮切りに、「津軽海峡冬景色」「東京砂漠」「雨の御堂筋」「長崎は今日も雨だった」など、北から南まで地名を舞台にした名曲の数々を出演者が情感たっぷりに歌い上げていきます…。




今回で3回目の出演となるタブレット純はギターを弾きながら、ムード歌謡の名曲を流し風に披露したかと思えば、

純烈のコーラスで「私祈ってます」を唄い、その絶妙なコンビネーションで会場を魅了!さらに、トークの掛け合いも

会場から大きな笑いを誘い、まさに”タブレット純烈”という新ユニットを予感させる⁉ステージを披露してくれました。


後半戦は近日公開!!